キャッシングの経済効果

 
そもそもキャッシング・ローンは、現在の経済構造の中で、経済の全体を膨らませる効果を担っています。

ある人が何らかの生業を営む、何らかの職業・収入を得て生きている、あるいはそうした人の配偶者なり子である、といった条件を備えていれば、その返済能力に問題のない範囲でキャッシングを行って、人々の経済行動や消費力をより活性化させる。

あらかじめ個人信用力の審査を経て発行されるクレジットカードやそれに付随したキャッシング機能などは、とりわけその所有者の利用による経済への波及効果が大きく期待されているといえます。
こうしたカードは、ある程度の職業・収入の安定度のある人に対して発行されるからです。

その利用も純粋な消費や、あらたな経済活動のためになされる可能性が高いというわけです。
posted by たんちゃん at 01:16 | Comment(25) | TrackBack(3) | 日記

キャシング審査と職業との関係

 
キャッシング審査を受ける際にキャッシング会社が注目するところは、定職を持っているかどうかという点です。

公務員やサラリーマン等定職があり、勤続年数が多い人は信用も増すようで、融資も受けやすくなります。
フリーターやアルバイトのように職業を転々と変えている場合などは信用度が低くなり、キャッシング審査の通らない場合もあります。

毎月きちんと一定の収入があるということは返済能力があるとみなされ、安全性が高くなります。
キャッシング会社の立場から見てもいつ返済が途絶えてしまうかもしれない人には融資しづらいと思います。

だからといって安定した職業、安定した収入がある人でなければ審査が通らないかということもありません。
フリーターや自由業といった職業の人でも融資が受けられるキャッシング会社もあります。

よく検討して比較してみてください。
posted by たんちゃん at 22:57 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

キャッシングはどんな審査をするの?

 
キャッシングを利用するためには、審査を受けてパスしなければなりません。
キャッシングの審査は、大きく2つに分けることができます。

そして審査の際に活用されるのが、「自動与信システム」と「信用情報機関」なのです。

○自動与信システム
キャッシング会社は過去の取引データを全て蓄積しています。その中からあなたによく似た属性を持つ過去の顧客情報をチェックし、そこからあなたの将来の利用状況を予測するのです。あなたに類似する属性モデルが優秀なら、審査では有利な判断が下されます。

○信用情報機関
信用情報機関にはキャッシング利用者の情報が管理されています。キャッシング会社はそこに照会を行い、あなたの過去の利用状況や現在の他社借入れ件数などを調査し、融資できるか否か、どの程度融資できるかを審査するのです。


この他にも審査では、申込み時の記入内容や本人確認書類のチェックも行います。
もし内容に嘘や誤りがあった場合、あなたの信用は低くなるので注意が必要です。
posted by たんちゃん at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

キャッシング審査他借入件数

 
キャッシングの審査は、お申込み時にネットや書類でお申込み者の情報を入力、記入したデータを基にしています。
その後お電話で在宅確認や勤務先の在籍確認などをいたします。

では他の金融会社から借りている件数などはこの自己申告されたデータ以外確認する方法があるのでしょうか。
実は自動審査をしている消費者金融では、審査の時に自動的にデータを個人信用情報機関に照会して調査しています。

自動審査を取り入れていない消費者金融では、氏名、生年月日で信用情報機関にデータ照合をして申告の借入れ件数と合致するかどうか調べます。

この確認の方法では、全国信用情報センター連合会加盟の消費者金融の借入件数しかわかりません。銀行は全銀協、信販会社はCICという情報機関に属していますので、銀行、信販会社からの借入れ件数ははまた別の情報機関の調査になります。
posted by たんちゃん at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

自分に合ったキャッシングローンの使い方

 
キャッシングを利用するとき、自分にはどのよなローンがぴったりなのかを考える必要があります。
どのような目的に、いくらくらいの金額が必要か。
それを見極めてキャッシングしなければ、返済に困って延滞なんてことになってしまう恐れがあります。

ローンの種類により借り入れ限度額も金利、返済期日などもバラバラです。
少しでも自分にぴったりのローンがみつかれば、返済シュミレーションをしてもらって、自分には月々いくらくらいの返済なら無理なくできるかなど、具体的な返済計画を立てておくことが重要です。

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどは使途が決まっていますが、自由に使えるフリーローンが便利で人気があるようです。
金利も低いところが多く、即日融資が可能なところもあります。例え低金利であっても、自分の目的にあった使い方をしましょう。
posted by たんちゃん at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングのイメージ

 
キャッシングは、消費者金融=借金=ローン又怖い・危ない・ハマる・自転車操業・利息が高い・自己破産など突き詰めて行くと決して良いイメージはありません。
一昔前は、消費者金融の看板を見かけるようになるとその町は落ち込んでいるなどと言われていました。

しかし、最近では消費者金融業者だけではなく、大手銀行などもこの業界に参入しTVCMなどを利用しイメージアップに努めています。
今の社会情勢を見ても分かる様に、働いても多くの税金などを引かれて手元に残るお金が少なく生活が苦しくなると言う現状の中、生活費の補充の一つとして利用されている傾向もあるようです。

これもキャッシングのイメージが変わりつつあると言う事ではないでしょうか?
ただ、もちろん良くも悪くも自分次第です。
posted by たんちゃん at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

即日キャッシング比較

 
今日中にお金が必要な時、キャッシングを申込んだ日に審査が通ればすぐに融資してくれる会社もあります。
これが、「即日キャッシング」です。

申込みから融資までスピーディーな業者を重視で比較してみます。

インターネットや電話で申込んだ当日に審査をして、すぐ申込人名義の口座へ現金を振り込んでくれます。
それは、50万円まで自動で審査を行うキャッシング会社が増え、仮審査が早く進むために当日融資が可能になりました。

最短と言える、申込みから融資されるまで30分程度で振込みをしてくれるのは、消費者金融が多いです。
銀行系は、申込み時間によって異なりますが、当日には振り込みをしてくれます。
信販系も銀行系、消費者金融と同じで30分程度でキャッシングを完了します。

大口融資でも、当日に審査を終えて即日キャッシングができる会社もあります。
posted by たんちゃん at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングの鉄則の第一・第二

 
消費者金融でキャッシングする場合の鉄則の第一についてお話しします。

鉄則第一は、キャッシングについて知ることです。
初めてのキャッシングの場合は、色々と比較するのもいいですが、よく分からない場合はブランドで選ぶのもいいかも知れません。
最近では様々な会社のCMや看板やインターネットなどで、消費者金融の宣伝をよく見かけます。その中でもよく耳にする会社なら対応が悪いということはないと思います。

初めて借りる人に対しては、無利息での融資や優遇金利もありますので、おトクなサービスを行っている会社も多々あります。

情報が多過ぎて、どの会社を選べばいいか迷っている人は、大手企業数社を比較するために、数社の審査を試しに受けてみるといいかも知れません。
きっと自分に合った会社が見つかると思います。

消費者金融でキャッシングする場合の鉄則の第二についてお話しします。

鉄則第二は、金利計算方法を知ることです。

『消費者金融は金利が高い』と思われがちです。
確かに銀行でのローンと比較すると、割高な面をありますが、銀行と消費者金融での金利計算の方法には違いがあります。

銀行では、30日ごとに計算する月利と言われる月割り計算が用いられます。
消費者金融では、1日ごとの日割り計算が用いられます。

すなわち、キャッシング後すぐに返済が可能な人にとっては、消費者金融での借入の方がおトクに借入できる場合があるのです。

自分の生活スタイルに合わせ、銀行と消費者金融を比較し使い分けることで、キャッシングとさらに有効に利用できるのです。まずは、自分の返済方法について、しっかりと計画を立てることが必要です。

明日は第三と第四を説明します。
posted by たんちゃん at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

軽く考えるなキャッシング

 
キャッシングといったイメージはもはや変わりつつあります。
どうしても行きづらかったキャッシングの申し込み手続きもインターネットなどの方法で出来るようになったおかげでしょうか・・・
顧客の数も増加の傾向にあります。

その反面自己破産の数も急増しています。
銀行やクレジット会社、サラ金業者などからの多重債務、バブル崩壊後の不況の影響でリストラ・倒産・失業により収入の減少が大きな要因のようで中高年層の自己破産が急増しています。

インターネットでも各地方裁判所での自己破産者(免責決定者)の大まかなデーターが観覧できます。
もちろん官報にも掲載され、掲載日や住所・性別・免責日などが記載されています。
その多さにびっくりするほどです。

キャッシングは上手に利用すれば人生の潤滑油とする事ができますが、一歩間違うと大変な結果が待っているのです。
posted by たんちゃん at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングで注意することは

 
キャッシングをするときにみなさんはなにを比較するでしょうか。
キャッシングは無担保で誰でも借りることができる借金ですが、金利がいくらかということがキャッシングには大切になってきます。

キャッシングを利用できる第一条件は、18歳〜20歳以上の成人であること。
申し込みをする人が、その人本人であること。定期的な収入があることの3つです。
ただし、専業主婦やフリーターの方でも借り入れはできます。

キャッシングには金利という利息がつきます。
審査基準には高低いろいろありますが、まずはじめてキャッシングで借りる場合は、審査の基準に関係なく借りることができる傾向があるようです。希望額に関しては別になってしまいますが。

借り入れる場合に大切なことは金利が低い会社のものを選ぶことになります。
金利が高いと利息のほうが多くなるという場合も発生してしまい、返済期間も長期になってきます。

長くなればなるほど返済額が多くなるので注意が必要です。
posted by たんちゃん at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシング 比較する一番の要素

 
急な現金が必要なとき、すごく便利なキャッシング。

でもどこで借りてもいいといった安易な考えはやめた方がいいです。
実質年率はローン会社によって様々です。
法定金利内で借り入れすることをまず一番に考慮してください。

特に初めてローンを申し込む方は、一定の収入があればまず審査に通らないことはないでしょう。
可能な限りいろいろなローン会社を比較検討し、出来れば銀行系のローン会社をおすすめします。
融資限度額も十分で、金利も低く、返済もし易くなります。また信用度も高いので安心です。

キャッシングする場合にはまだまだ比較検討しなければならないことはたくさんあります。
内密で借りたい方、そうでない方、いろいろおられるでしょうが、ヤミ金融には手を出さないでください。
posted by たんちゃん at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングの限度額

 
キャッシングの限度額とは、キャッシング申込人の収入状況や信用力に応じて決められる、最大限借りられる金額のことで、その限度額の中で繰り返し借りることができます。

例えば限度額100万円のキャッシングの場合、100万円までの融資を受けることも可能ですし、50万円だけを借りることも可能です。
50万円だけの融資を受けた場合でも、キャッシング限度額100万円の枠で審査を通っている場合、適用金利は限度額100万円に対応した金利になることにメリットがあります。
高額の限度額でキャッシングを行う方が金利は安くなる傾向があるからです。

けれども、初めてキャッシングを利用される方の場合、高額の限度額を確保することは難しくなっており、初回の限度額は50万円前後であることが多くなっています。

中には初回利用時から100万円、300万円、500万円という限度額審査を行ってくれるキャッシング業者もあります。
ですから、限度額の設定金額の大小は、キャッシング業者を選ぶ観点の一つにできます。

目的に合わせて、自分の信用力に対して希望の限度額を融資してくれるキャッシング業者を選ぶことになります。
posted by たんちゃん at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

無利息キャッシング

 
キャッシングしてから決められた期間内は、利息を払わずにすむサービスがあります。
どうせ同じ金額を借りるのなら、利息は発生しないにこしたことはありません。

現在いくつかのキャッシング会社がこの無利息キャッシングのサービスを行っています。
返済金額を低く抑えるために、この無利息キャッシングを利用するのも有効です。
また給料日までのちょっとしたつなぎにも計画的に利用することができます。
ただし、もちろん決められた期間を過ぎると利息が発生しますので、注意が必要です。

無利息キャッシングを行っている会社は「ディック」「クレディア」「ノーローン」「レディースローンレイク」「ユニマットレディス」などいくつかありますが、初回のみの利用だけのキャッシング会社もありますので、比較してみるといいでしょう。
posted by たんちゃん at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

返済が延滞した時は?

 
キャッシングの審査を通過、キャッシングできたのはいいけど、返済期日までに返済額が準備できない…怖い格好の人たちが家の前で待っていたり、脅迫みたいな取立てが行われるのか…。

思わずそんな連想をしてしまう人も多いと思います。
現に過去には、某ローン会社の犯罪とも言える取立てが実際に大きく報じられていました。

返済期日を過ぎても、大手のローン会社では怖い格好の人たちが返済を迫りに来る事はありません。
返済期日が過ぎても連絡をキャッシングした会社にしないと、連絡は返済期日数日後には連絡がきます。
連絡が来る前に返済期日に返済できない事を自ら連絡するのが賢明です。

連絡してきても電話で社名を名乗る事はしませんし、ハガキなどに社名を一切記載したりしません。個人名で連絡を入れてきます。

キャッシングした会社が誠実に対応してくれているのですから、ローンをした人もきちんと対応する事が必要です。
posted by たんちゃん at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシング 比較法定金利

 
キャッシングされる場合の最重要比較要素は、実質年率(金利)が何パーセントなのか?ということ。

法定金利では融資額によって実質年率の上限が定められています。
例えば100万円以下なら18パーセント。
100万円を超えると15パーセントといった具合にです。
しかし一定の条件を満たしていれば出資法が適用されて上限29.2パーセントになります。

近年、このグレーゾーン撤廃が決定し、金利の面では利用者に嬉しい事ですが違った面もあります。
言わずもがな、キャッシング会社は金利が利益そのものです。
金利を下げると同時に審査基準を上げる必要性が出てきて、実際にキャッシング会社の貸し渋りも出てきています。

金利を含めて返済、それがキャッシングの大前提となる事を忘れてはいけませんね。
posted by たんちゃん at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングの返済方式の比較

 
キャッシングには、いろいろな返済方式があり、それぞれが複雑なので、つい考えないようにしてしまいますが、きちんとその違いを比較することが必要です。

返済方式には、毎月定額の返済のものと、変動するものとで違いがあります。
いくつかある方式を比較してみましょう。
返済方法をシミュレーションし、ご自分にあった返済方式を選択すると良いと思います。

元金均等方式
借入額を支払い回数であらかじめ均等に割る方法です。
利息は借入金残高に対して計算され、月々の金額と合計して支払います。
よって、支払いがすすむにつれ残高も減り、それに対する利息の負担も軽くなっていきます。

元利均等方式
月々の支払い総額は一定です。
一定の返済金額のうち、元金返済部分と利息部分のに充当する割合が変動するだけです。

元金定率方式
その月々の借入金残高によって支払額が決まります。
あらかじめ定めてある利率によって利息も計算され、返済額と利息の合計がその月の返済総額になります。

元金定額方式
毎月定額の元金と利息分の返済です。
利率に変動があれば、利息金額も変わります。

元利定額方式
元金と利息どちらも定額になり、毎月それをあわせた定額を返済します。
posted by たんちゃん at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングは正しく返済を

 
キャッシングをしたら、きちんと返済をすることが一番重要なことです。

支払い期日に遅れたら、遅延損害金が発生しますので、利息にプラスしてさらに余分なお金がかかりますし、個人情報センターにも支払いの遅延の情報が登録されるので、信用にも大きく関わってきます。

キャッシング会社は、キャッシングやローンの審査のために、個人情報センターから情報を取り寄せることができます。
審査で肝心なのは、過去にキャッシングを利用した際の返済履歴です。
返済が遅延し、個人情報センターに登録された内容次第では、次回からキャッシングサービスを利用したくてもできないことにもなりかねません。

一度損なってしまった信用は、いろいろな場面で影響します。
先に述べたように、新たにキャッシングを利用することもできなくなる場合もありますし、例えば住宅ローンを組んで家を買うときなどにも不利になるかもしれません。

支払い期日は、しっかりと守り、決められた金額を返済するようにしましょう。
posted by たんちゃん at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングと闇金融

 
キャッシング利用の際に気をつけなければいけないのは、決して闇金融には手を出さないことです。

闇金融とは甘い謳い文句で融資を行い、日本の法律に反した高額な利子を取り立てる金融機関のことを言います。
闇金融なんて決して手を出さないと思っている方もいると思いますが、油断は禁物です。

闇金融とは私たちの生活にかなり浸透しており、「無担保」や「保証人不要」などといった言葉は、キャッシングを多重に行っている人にはありがたく思えてしまい、結局借り入れてしまう場合も多くあるからです。

また、キャッシング初心者にとって闇金融の謳い文句はキャッシングのハードルを大きく引き下げ、その結果、初心者は闇金融からキャッシングを受けてしまうケースもあります。

どちらにしろ、闇金融からお金を借り入れれば、待っているのは厳しい取り立てです。
闇金融からは決して借り入れを行わないように注意しましょう。
posted by たんちゃん at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシングの比較をする意味

 
キャッシング比較のインターネットサイトには、多様化したニーズにあわせて特徴が述べられています。
金利の低いところ、審査が早いところ、女性専用キャッシング、学生向けのローン、短期無利息キャッシング、といったように、自分の目的にあった借り方ができる業者の比較がすぐに出来ます。

初めて利用する場合には、すでにキャッシングサービスを利用した人びとの体験談や口コミなどの評価を見ることの出来るサイトもあり、安心して利用するためのおおきなポイントになります。
また、難しい用語などもわかりやすく解説してあるため、キャッシングに対する知識を深めることも出来ます。

キャッシングサービスや、キャッシング業者の比較をじっくりして、メリット、デメリットを自分で冷静なときに認識しておけば、いざお金が必要になったときに、焦って失敗することを防げますし、キャッシングに対して、過剰に身構えることも、あるいはむやみに利用することもなくなります。
posted by たんちゃん at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシング業者の比較

 
キャッシングの返済方式が複雑で難しいため、その比較ポイントもなかなか簡単に把握することが出来ません。

インターネットを利用すれば、比較的簡単にキャッシング業者やサービスなどの比較ができます。
たとえばキャッシングというキーワードで検索エンジンなどにかけてみると、複数のキャッシング業者を一度に比較できるようなサイトも多く見つかります。

利息や返済方式の比較もすぐにできますし、リンクやバナー広告をクリックするだけで、その業者のサイトを閲覧できるので、より詳しい比較材料を得ることも出来ます。

借入金額や利息、返済期間などを入力すれば、月々の返済金額のシミュレーションをしてくれるサイトなどは、わかりやすくて便利です。

キャッシングが必要な際に、書類がなかなかそろわなかったり、過去の利用履歴に問題がある可能性がある場合など、審査に通りにくい人たちが複数のキャッシング会社に同時に審査依頼を行うことの出来るサイトもあります。
posted by たんちゃん at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。